本文へ移動

循環器内科

診療案内:循環器内科

高血圧・不整脈・狭心症・高脂血症・その他循環器疾患全般 (生活習慣病など)

●こんな症状はありませんか?

 ・血圧が高い、変動がある
 ・高脂血症、動脈硬化が心配
 ・動悸、息切れがする
 ・不整脈がある
 ・胸が痛い
 ・むくみがある

高血圧症の治療

飲み薬での治療・食事療法・運動療法で血圧をコントロールします。
収縮期血圧140mmHg以上、拡張期血圧90mmHg以上が高血圧です。
高血圧では血液の圧力が高いため血管の壁が障害されて厚くなり動脈硬化をおこします。動脈硬化をおこすとさらに血圧が高くなります。
脳の血管が障害されると、脳出血・脳梗塞をおこし、心臓の血管が障害されると、狭心症・心筋梗塞をおこします。
高血圧治療は、生活習慣の改善(喫煙・ストレスなど)・食事療法・運動療法で改善しない場合は、降圧薬による治療が必要です。服用中も生活習慣改善・食事・運動が大切です。
当院では、約20種類の降圧薬・利尿薬を組み合わせることにより血圧の安定化を目指します。
体調変化・気温の変化などによる血圧の変動により、お薬を調節し血圧安定を図ります。

高脂血症の治療

高脂血症は、自覚症状がないまま進行する病気です。
高脂血症自体の症状はありませんが、動脈にコレステロールが付着し血管が狭くなると血液の流れが悪くなり、動脈硬化をおこしやすくなる為、脳梗塞・狭心症・心筋梗塞の発生率が高くなります。
生活習慣の改善・薬物治療により脳梗塞・狭心症・心筋梗塞に発展しないよう治療します。
薬物療法・食事療法を行っています。
ご希望の方には栄養士による栄養指導などもあります。

痛風の治療

血液の中の尿酸値が高くなり、痛風発作(急性関節炎)をおこします。定期的に血液検査をし、お薬で尿酸値をコントロールしましょう。
お薬による治療と食習慣の改善が重要です。

閉塞性動脈硬化症・腰部脊柱菅狭窄症

この病気は、手先・足先が冷たくなったり、しびれたり、歩行時にふくらはぎの筋肉が痛くなったりする症状がでます。
腰部脊柱菅狭窄症では、このような症状と腰痛も症状としてあります。
このような症状を我慢していませんか?
治療により症状の改善が期待できます。早めにご相談ください。
0
3
5
7
3
0
TOPへ戻る